エンジンオーバーホール

リグニスでは、貴重なエボリューションハーレーを安全、安心、快適にお乗りいただくために、エンジンのオーバーホールをお勧めしています。

メカニカルな視点から個々のパーツの劣化、へたり具合や各摺動部分の摩耗、傷等の消耗箇所の分析から始まり、
ハーレーに精通したメカニックが的確に整備、性能の回復をはかります。
ぜひリフレッシュしたエボリーションハーレー本来の、エンジンフィールを体感してください。

エンジンオーバーホールの流れ

動画でのご紹介
step.1

ピストン交換、
ボーリング、
ホーニング加工

往復運動により発生した摩耗や傷が付いたピストンは、
オーバーサイズピストンに交換し、合わせて、
ボーリング、ホーニングを施しシリンダーを仕上げます。
ピストンクリアランス(シリンダー内壁とピストンの隙間)、
ホーニング(シリンダー内壁のオイル溜り)に関しましては、
ライフ重視での設定値としております。
投入するピストンは、耐久性を重視しスタンダード仕様の
オーバーサイズピストンを使用しています。

step.1イメージ
step.2

バルブシートカット、
バルブフェイス研磨、
バルブすり合わせ

バルブシートとバルブが摩耗等の原因により、
シリンダー内の当り面に隙間ができ機密不良をおこします。
バルブシートカット、バルブフェイス研磨、
バルブすり合わせを行う事で、荒れた各パーツの表面を整え、
擦り合わせることで機密性を回復し、
圧縮漏れを解消することで本来のトルクを引き出します。

step.2イメージ
step.3

カーボン
デポジットの除去

シリンダーヘッド内のカーボンデポジットを
除去することで、圧縮圧力のバラつきや
異常燃焼を解消します。

step.3イメージ
step.4

クランクシャフト
オーバーホール

エンジンの要であるクランクシャフトは、完全分解後
洗浄いたします。組みつけ時には、芯だしを施し
各クリアランスの最適化を行います。
新車時以上の精度にて組み付けることで、
振動の少ないスムーズなフィーリングと、
独特の三拍子アイドリングに貢献します。

step.4イメージ
step.5

消耗品パーツ交換

消耗したパーツは、新品に交換いたします。
例えばガスケットに関しては、新車時に組まれている
旧タイプではなく、オーバーホール時には、
スタンダード仕様の対策ガスケットを使用し、
オイル漏れを低減させています。

step.5イメージ
step.6

ハイカムシャフト
からの交換

アメリカでは、最高速を重視しハイカムカムシャフトに
交換されている車両もございます。
日本での道路事情を考慮し、基本的には
スタンダード仕様カムシャフトに交換しています。
低速時の扱いやすさや、乗りやすさ、耐久性の良さを
取り戻し、そしてエボリューションハーレー本来の
三拍子アイドリングに戻ります。

step.6イメージ
step.7

オイルポンプ

人間に例えると心臓部にあたるオイルポンプ。
エンジン内部各パーツへのオイルの供給は重要です。
オイルポンプ不良になると、各部の円滑が
うまくいかなくなりパーツの損傷や焼き付き等の
症状が起きます。損傷点検とオイルライン徹底洗浄により、
油圧低下によるエンジン損傷を防ぎます。
また、損傷のある場合は原因を探求し修理し、
損傷具合によりオイルポンプの交換を行います。

step.7イメージ
step.8

キャブレター
オーバーホール

キャブレターボディー、ガソリン通路、
エアー通路を徹底洗浄。洗浄後に日本の気候に
合ったジェットを選択。
SET UPを施し、快適な乗り味を実現させています。

step.8イメージ
step.9

トランスミッション

作動、異音、オイル漏れ点検を実施。
不具合箇所を発見した場合は、部品交換を行います。

step.9イメージ
finish

オーバーホール完了

リグニスの直輸入エボリーションハーレーは、
より永くお付き合い出来るよう、
エンジンオーバーホールを行い、徹底的に整備した上で
販売しております。外見から判断し、
乗れるから「調子が良いから」と言った整備ではなく、
エンジンを分解し「目」で確認を行い、
当店基準のクオリティーで仕上げる事で、
安心して乗っていただけます。
そのためリグニスの直輸入エボリーションハーレーは、
新車同様の「慣らし運転」が必要です。

finsishイメージ

車両受け入れ処理からエンジンオーバーホールを動画で解説

第一章 エンジン分解編

第二章 エンジン加工編

第三章 エンジン組立編

第四章 エンジン始動編

戻る
戻る